header_logo.GIF

グローバル・シーは各種コンサルティングで事業発展のお手伝を行っています


お問い合わせは こちら 秘密は厳守します。

新着記事

2015年11月23日

井上陽水の【傘がない】の替え歌 (雪が降ったときの)【靴がない】

 (雪が降ったときの)【靴がない】

都会では、雪が降る日があるよねえ。
今年も一週間くらい雪が降る。
だけども会社には履いていく靴がない

行かなくちゃ 会社に出に行かなくちゃ
雪の道を歩かなきゃ 足がぬれ
つめたいい雪が靴の中まで浸みる
ころばないこと以外は 考えられなくなる。
それはあることかな?

会社ではわが社の売上の問題を
社長が深刻な顔をしてしゃべってる
だけども問題は今日の雪 靴がない。

行かなくちゃ 会社に出に行かなくちゃ
遠い会社に行かなくちゃ 雪にぬれ
つめたいい雪が靴の中まで浸みる
ころばないこと以外は 考えられなくなる。
それはあることかな?

行かなくちゃ 会社に出て行かなくちゃ
遠い会社に行かなくちゃ 雪にぬれ

行かなくちゃ 会社に出て行かなくちゃ
雪の道を歩かなきゃ 足がぬれ

行かなくちゃ 会社に出て行かなくちゃ
雪の中を歩きゃなきゃ 靴がない

https://readyfor.jp/projects/veriga-urbanstep-gripstep

会社の総務の皆様!
都会の従業員の方に雪が降ったときの対策
何かされていますか?

どの靴にも着けられるスパイクを社員のために
準備されてはいかがでしょうか?

MとLの2種類で全てカバーできますので、
会社に常備するか、従業員の方に1個支給するか
されることをお勧めします。
https://readyfor.jp/projects/veriga-urbanstep-gripstep

特に利益を出されている会社は福利厚生費で
経費に落ち、従業員の方にも喜ばれますよ。

posted by Mark at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月10日

SWOT分析を駆使して解決すべき顧客の課題を抽出

... 営業パーソンは、さまざまな分析手法を修得し、アカウントプラン作成の際に駆使することが求められます。今回は分析手法の一番手として、SWOT分析について解説します。 顧客が抱えている課題には、営業パーソンが既に把握しているものあれば、つかみきれていないも...つづき・・・
(引用元:この記事の著作権は、nikkei BPnetに帰属します。)
posted by Mark at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | このサイトについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月02日

アクセスランキング 2008年12月

合計 202 1857
1./index.rdf  74.2% 10 1,377
2.トップページ  7.1% 104 131
3./pages/user/m/article  1.9% 24 35
4./category/2431419-1.html  1.2% 21 23
5.アクセスランキング 2008年6月  1.1% 18 20
6./category/2431425-1.html  0.6% 10 11
7./category/2428060-1.html  0.5% 9 10
8./category/2418412-1.html  0.5% 8 9
9.【会員番号:S-0002-1】  0.4% 5 8
10./category/2428071-1.html  0.4% 6 7
11./category/2431421-1.html  0.4% 7 7
12./pages/user/m/comments/regist/input  0.3% 6 6
13./pages/user/m/tb/regist/input  0.3% 5 6
14./category/2428101-1.html  0.3% 4 6
15./category/2428061-1.html  0.3% 6 6
16./pages/user/m/index  0.3% 5 6
17./category/2428099-1.html  0.3% 5 5
18./category/2428056-1.html  0.3% 5 5
19./category/2431422-1.html  0.3% 5 5
20.【会員番号:S-0002-1】  0.3%
posted by Mark at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | このサイトについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月30日

アクセスランキング 2008年11月

合計 338 2342
1./index.rdf  65.8% 22 1,542
2.トップページ  10.9% 190 256
3./pages/user/m/article  1.5% 28 36
4./category/2431419-1.html  1.5% 34 34
5.アクセスランキング 2008年6月  1.2% 27 28
6./category/2431422-1.html  0.9% 17 20
7./category/2431425-1.html  0.7% 16 16
8./category/2431421-1.html  0.6% 15 15
9./pages/user/m/tb/regist/input  0.6% 10 13
10./category/2418412-1.html  0.5% 10 11
11./category/2428038-1.html  0.5% 8 11
12./category/2428056-1.html  0.4% 10 10
13./category/2428068-1.html  0.4% 6 10
14.【会員番号:S-0002-1】  0.4% 10 10
15.【会員番号:S-0002-1】  0.4% 9 9
16./category/2428065-1.html  0.4% 9 9
17.【会員番号:S-0002-1】  0.4% 9 9
18./category/2428061-1.html  0.3% 8 8
19./category/2428081-1.html  0.3% 7 8
20./pages/user/m/comments/regist/input  0.3%
posted by Mark at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | このサイトについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月22日

【会員番号:S-0002-1】

弱みとしては、企業規模が小さいので、日本の大手企業には
導入されることが難しい可能性があります。(単に企業規模や
サポートする人数で、大手企業の採用基準を下回る可能性が
あります。)

日本では、コネが重要ですが、そのコネが十分ではなく、
通常の企業活動だけでは、該当部署にたどり着けない可能性が
あります。

技術的に現在ある日本の製品と同等である可能性もあり、
価格的にも現在ある製品より高い可能性があります。

現状のストラクチャーでは2年で事業化を行う予定ですが、
2年以内で採用に至らない可能性があります。その場合、
資金繰り等の制約条件を見直す必要があります。

【会員番号:S-0002-1】

強みとしては、親会社がこの業界で17年営業販売開発を行って
来ているという実績があり、いろんなノウハウがあると思われます。

また、欧州で競合先に勝ってシステムが導入されていますので、
それらの実績も評価できます。

また、欧州で大手企業に採用されている実績がある点は、強みと
考えられます。

親会社が日本市場を重要と捉え、社長自らが積極的にサポート
してくれている点は強みと言えます。必要なサポートについては、
ここの担当者ではなく、親会社の社長に直接言うことによって、
迅速な対応が得られます。



【会員番号:S-0002-1】

弱みとしては、まだ日本での実績がないところでしょう。

また、日本ではどのような企業が参入をしており、世界レベルで
どれくらいであるかという市場認識がないので、それらの調査を
進めるべきでしょう。

弱みとしては、資金的なサポートがどれくらい得られるかが明確と
なっていないので、現在の資金繰りの枠での活動では、人的資源の
投入に制約があるので、やらないといけないことをスピードを
早めて行うことができません。人海戦術で、多くの営業マンが
顧客回りをすれば、すぐに採用となるようなものでもありませんが。

弱みとしては、人的資源が少ないことが上げられるでしょう。

また、分野的に社内で計装関係のノウハウを持っていないので、
それらを外部に頼らなければなりません。

【会員番号:S-0002-1】

G8で2025年までにCO2を半減しようという環境がらみの
大きな流れがあり、CO2削減の機運は大きな機会となるでしょう。

また、石油価格や原材料価格が高騰しており、エネルギーを
削減しようとする動きは企業経営上必要不可欠となっています。

システムを自動化するのは、人件費削減や効率アップにつながり、
人口減少化の日本においては必要不可欠の対応ではないでしょうか?

現在、日本社会で「見える化」「可視化」の動きがあり、実際の
流れを可視化できるソリューションは時流に乗っているとも言えます。

また、技術・ノウハウを持った高齢者世代がリタイアを始めています
ので、企業のノウハウを標準化するという意味で、業務の標準化を
はかれるソフトの需要は高まるでしょう。

この商品は多言語に対応し、日本市場が難しくても東南アジアに
進出している日系企業で採用してもらえる可能性があります。

2008年09月24日

アクセスランキング 2008年8月

合計 306 3828
1./index.rdf  45.0% 43 1,723
2.トップページ  7.1% 175 271
3./pages/user/m/article  2.2% 33 84
4./category/2431419-1.html  1.4% 38 53
5./pages/user/m/comments/regist/input  1.1% 21 42
6.アクセスランキング 2008年7月  1.0% 34 40
7./category/2431422-1.html  0.8% 15 31
8./category/2418412-1.html  0.8% 15 29
9./pages/user/m/tb/regist/input  0.8% 23 29
10./category/2431421-1.html  0.8% 15 29
11./category/2428060-1.html  0.7% 11 28
12./category/2428065-1.html  0.7% 12 26
13./category/2431425-1.html  0.7% 12 25
14.環境分析−SWOT分析  0.6% 10 24
15.アクセスランキング 2008年5月  0.6% 10 24
16.アクセスランキング 2008年6月  0.6% 9 24
17./category/2428042-1.html  0.6% 9 23
18./category/2428038-1.html  0.6% 9 23
19./category/2428061-1.html  0.6% 9 23
20.【会員番号:S-0001-1】
posted by Mark at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | このサイトについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月02日

アクセスランキング 2008年7月

合計 426 3633
1./index.rdf  39.1% 58 1,419
2.トップページ  9.6% 253 350
3./pages/user/m/article  3.7% 77 133
4.アクセスランキング 2008年6月  1.2% 25 44
5./category/2431419-1.html  1.1% 27 41
6./pages/user/m/comments/regist/input  0.9% 27 32
7./category/2431421-1.html  0.8% 17 30
8.【会員番号:S-0001-1】  0.8% 12 29
9./category/2418412-1.html  0.8% 16 29
10./category/2431422-1.html  0.8% 16 29
11.環境分析−SWOT分析  0.8% 11 28
12.【会員番号:S-0001-1】  0.7% 10 27
13.投稿の仕方  0.7% 10 27
14.【会員番号:S-0001-1】  0.7% 10 27
15.アクセスランキング 2008年5月  0.7% 10 27
16.【会員番号:S-0001-1】  0.7% 10 27
17./pages/user/m/tb/regist/input  0.7% 21 26
18./category/2428061-1.html  0.7% 14 26
19.アクセスランキング 2008年4月  0.7% 9 25
20.【会員番号:S-0001-1】  0.7%
posted by Mark at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | このサイトについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月04日

アクセスランキング 2008年6月

合計 380 3259
1./index.rdf  43.1% 66 1,406
2.トップページ  12.4% 255 405
3./pages/user/m/article  2.9% 49 94
4./pages/user/m/tb/regist/input  2.1% 29 69
5./pages/user/m/comments/regist/input  1.9% 30 61
6.環境分析−SWOT分析  1.5% 32 48
7.【会員番号:S-0001-1】  1.1% 19 35
8.アクセスランキング 2008年5月  1.0% 24 32
9.【会員番号:S-0001-1】  0.9% 14 28
10.【会員番号:S-0001-1】  0.8% 13 27
11.【会員番号:S-0001-1】  0.8% 13 27
12.【会員番号:S-0001-1】  0.8% 13 27
13.【会員番号:S-0001-1】  0.8% 12 26
14.【会員番号:S-0001-1】  0.8% 12 26
15./category/2431419-1.html  0.8% 24 26
16.【会員番号:S-0001-1】  0.8% 12 26
17.【会員番号:S-0001-1】  0.8% 12 26
18.アクセスランキング 2008年4月  0.8% 11 25
19.【会員番号:S-0001-1】  0.8% 11 25
20.【会員番号:S-0001-1】  0.8%
posted by Mark at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | このサイトについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月22日

アクセスランキング 2008年5月

合計 607 2906
1./index.rdf  48.9% 64 1,422
2.トップページ  18.4% 377 534
3./pages/user/m/article  4.1% 87 120
4./pages/user/m/index  2.1% 48 61
5.環境分析−SWOT分析  1.2% 32 34
6./pages/user/m/comments/regist/input  1.1% 25 32
7.アクセスランキング 2008年4月  1.0% 26 29
8./pages/user/m/tb/regist/input  0.9% 25 25
9./category/2431419-1.html  0.8% 24 24
10.【会員番号:S-0001-1】  0.6% 16 18
11.【会員番号:S-0001-1】  0.5% 12 14
12./category/2428061-1.html  0.5% 14 14
13.【会員番号:S-0001-1】  0.4% 11 13
14.【会員番号:S-0001-1】  0.4% 10 13
15./category/2428060-1.html  0.4% 11 12
16.【会員番号:S-0001-1】  0.4% 10 12
17.【会員番号:S-0001-1】  0.4% 10 12
18.【会員番号:S-0001-1】  0.4% 9 11
19./category/2428056-1.html  0.4% 11 11
20.【会員番号:S-0001-1】  0.4%
posted by Mark at 02:55| Comment(0) | TrackBack(0) | このサイトについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

アクセスランキング 2008年4月

合計 452 3021
1./index.rdf  54.2% 40 1,637
2.トップページ  20.1% 289 608
3.環境分析−SWOT分析  1.2% 30 36
4./pages/user/m/article  1.1% 16 32
5.【会員番号:S-0001-1】  0.7% 17 20
6./category/2431419-1.html  0.7% 17 20
7./category/2431422-1.html  0.6% 15 17
8./category/2428065-1.html  0.5% 13 15
9.【会員番号:S-0001-1】  0.5% 12 14
10./category/2428061-1.html  0.5% 14 14
11.【会員番号:S-0001-1】  0.4% 11 13
12./category/2428056-1.html  0.4% 12 13
13./category/2428084-1.html  0.4% 12 13
14.【会員番号:S-0001-1】  0.4% 10 13
15./category/2428038-1.html  0.4% 11 13
16./category/2431425-1.html  0.4% 10 13
17.【会員番号:S-0001-1】  0.4% 9 12
18./category/2428094-1.html  0.4% 11 12
19./category/2428113-1.html  0.4% 12 12
20./category/2428095-1.html  0.4% 10
posted by Mark at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | このサイトについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

【会員番号:S-0001-1】

e ラーニングユーザ調査 −企業内の人事・教育担当者−
1) 企業の e ラーニング導入率
今回の調査によれば、企業の e ラーニング導入率は、図 1-1 に
示すように、「導入済」が 47.6%(昨年:35.6%)、「検討中」が
15.7%(昨年:12.0%)、「未導入」は 36.7%(昨年:48.7%)である。

これをみるとeラーニングの企業導入が着実に進展しているこ
とが窺える。従業員規模でみると、企業規模が大きくなる程、導入率が
高くなるという相関関係がある。従業員数 5,000 人以上の導入率が
86.1%なのに対し、1,000〜1,999 人の企業の導入率は 32.8%と低い。

e ラーニングのイメージについては、「インターネット」、
「24 時間いつでもどこでも」、「便利」等のキーワードが挙げら
れている。また、e ラーニングを用いた研修のメリットとしては、
「時間が自由」が 90.5%、「場所が自由」が 56.7%など、時間と
場所にとらわれない点や、「繰り返し学習することができる」
45.3%など集合教育ではできない点が評価されている。

一方、デメリットとしては、「受講継続のモチベーションの維持が
困難」が 33.4%、「講師や他の受講生とのインタラクティブ性の
欠如」が 31.1%等あげられている。これらは、昨年の結果とほぼ
同様の結果である。

e ラーニングによる学習効果については、「ある程度効果がある」
が 69.0%となっており、「大変大きな効果がある」と答えた 2.2%を
加えると 70%を超え、前年の結果(合わせて 54.3%)と比較しても
eラーニングの効果を認める声が高くなっている。

e ラーニングによる学習時間については、1 回あたり、
「15 分〜30 分未満」が 39.4%、「30 分〜1 時間」が 36.4%と多く、
約 75%が 1 時間以内となっている。昨年の調査と比較すると、
短時間での学習比率が増大しており、必要な知識をeラーニングで
効果的に習得するという使い方が増えている。

eラーニングの受講場所についてみると、「自分の会社の自席」が
78.1%(昨年:6

市場動向調査
747.8%)ともっとも多い。

eラーニングの受講時期についてみると、「営業日の就業時間内」
が 69.6%(昨年:45.0%)ともっとも多く、「営業日の就業時間外
(昼休みを含む)」が 40.5%、「休養日」が 20.1%となっている。

昨年と比較すると、就業時間内での受講が増大しており、「会
社の自席」での受講比率が高まっていることと合わせて考えると、
企業のeラーニングに対する認知度が高まっている結果と思われる。

モバイル・ラーニング
今回初めて行ったモバイル・ラーニングの利用状況については、
「利用したことがある」が 4.8%にとどまっており、通信状況の
改善や通信料金のコストが問題となっており、普及には時間が
かかりそうである。

【会員番号:S-0001-1】

外国語教育の市場規模は3000億円以上と思われ、グローバル化も
進展しているので、まだまだ成長していると思います。

ただ、eラーニングはどこも儲かっていないようで、インターネット
は無料のサービスというイメージもあり、収益を得るのは難しい
分野かもしれません。

【会員番号:S-0001-1】

他の英語サービスと比べて、インターネットがあればどこでも
できるというのはメリットですが、交通費が発生しないという
利点は、友達を求めているような人にはかえって敬遠される
場合もあります。

【会員番号:S-0001-1】

兵庫県のHINTプロジェクトに入って、他の異業種と連携したり、
ポータルサイトで宣伝を行っていますが、企業連携は十分に
行えていません。http://www.hint.ne.jp/

グローバル・シーでは、TOEIC教材も扱っていますが、その関連
先とも連携ができていません。

【会員番号:S-0001-1】

EElearningで商標を取得していますが、余り有名なブランドには
なっていません。

メールマガジンでもいーいーXXXXというような形で、宣伝して
いますが、他の英語関連会社と比べて知名度や信用力はかなり
劣っていると思います。

NovaやALC等はかなりの宣伝費を使っていると思われますが、
弊社ではそのような宣伝はできません。
人気商品

Seesaaショッピング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。