header_logo.GIF

グローバル・シーは各種コンサルティングで事業発展のお手伝を行っています


お問い合わせは こちら 秘密は厳守します。

新着記事

2006年12月18日

【会員番号:S-0001-1】

e ラーニングユーザ調査 −企業内の人事・教育担当者−
1) 企業の e ラーニング導入率
今回の調査によれば、企業の e ラーニング導入率は、図 1-1 に
示すように、「導入済」が 47.6%(昨年:35.6%)、「検討中」が
15.7%(昨年:12.0%)、「未導入」は 36.7%(昨年:48.7%)である。

これをみるとeラーニングの企業導入が着実に進展しているこ
とが窺える。従業員規模でみると、企業規模が大きくなる程、導入率が
高くなるという相関関係がある。従業員数 5,000 人以上の導入率が
86.1%なのに対し、1,000〜1,999 人の企業の導入率は 32.8%と低い。

e ラーニングのイメージについては、「インターネット」、
「24 時間いつでもどこでも」、「便利」等のキーワードが挙げら
れている。また、e ラーニングを用いた研修のメリットとしては、
「時間が自由」が 90.5%、「場所が自由」が 56.7%など、時間と
場所にとらわれない点や、「繰り返し学習することができる」
45.3%など集合教育ではできない点が評価されている。

一方、デメリットとしては、「受講継続のモチベーションの維持が
困難」が 33.4%、「講師や他の受講生とのインタラクティブ性の
欠如」が 31.1%等あげられている。これらは、昨年の結果とほぼ
同様の結果である。

e ラーニングによる学習効果については、「ある程度効果がある」
が 69.0%となっており、「大変大きな効果がある」と答えた 2.2%を
加えると 70%を超え、前年の結果(合わせて 54.3%)と比較しても
eラーニングの効果を認める声が高くなっている。

e ラーニングによる学習時間については、1 回あたり、
「15 分〜30 分未満」が 39.4%、「30 分〜1 時間」が 36.4%と多く、
約 75%が 1 時間以内となっている。昨年の調査と比較すると、
短時間での学習比率が増大しており、必要な知識をeラーニングで
効果的に習得するという使い方が増えている。

eラーニングの受講場所についてみると、「自分の会社の自席」が
78.1%(昨年:6

市場動向調査
747.8%)ともっとも多い。

eラーニングの受講時期についてみると、「営業日の就業時間内」
が 69.6%(昨年:45.0%)ともっとも多く、「営業日の就業時間外
(昼休みを含む)」が 40.5%、「休養日」が 20.1%となっている。

昨年と比較すると、就業時間内での受講が増大しており、「会
社の自席」での受講比率が高まっていることと合わせて考えると、
企業のeラーニングに対する認知度が高まっている結果と思われる。

モバイル・ラーニング
今回初めて行ったモバイル・ラーニングの利用状況については、
「利用したことがある」が 4.8%にとどまっており、通信状況の
改善や通信料金のコストが問題となっており、普及には時間が
かかりそうである。


【会員番号:S-0001-1】

外国語教育の市場規模は3000億円以上と思われ、グローバル化も
進展しているので、まだまだ成長していると思います。

ただ、eラーニングはどこも儲かっていないようで、インターネット
は無料のサービスというイメージもあり、収益を得るのは難しい
分野かもしれません。

【会員番号:S-0001-1】

他の英語サービスと比べて、インターネットがあればどこでも
できるというのはメリットですが、交通費が発生しないという
利点は、友達を求めているような人にはかえって敬遠される
場合もあります。

【会員番号:S-0001-1】

兵庫県のHINTプロジェクトに入って、他の異業種と連携したり、
ポータルサイトで宣伝を行っていますが、企業連携は十分に
行えていません。http://www.hint.ne.jp/

グローバル・シーでは、TOEIC教材も扱っていますが、その関連
先とも連携ができていません。

【会員番号:S-0001-1】

EElearningで商標を取得していますが、余り有名なブランドには
なっていません。

メールマガジンでもいーいーXXXXというような形で、宣伝して
いますが、他の英語関連会社と比べて知名度や信用力はかなり
劣っていると思います。

NovaやALC等はかなりの宣伝費を使っていると思われますが、
弊社ではそのような宣伝はできません。

【会員番号:S-0001-1】

目下、会員が少なく、十分なサポート体制ができているとは
いえない状況であると思います。

アクテイブな会員は数名しかおらず、その他の会員は本来の
機能を使うことなく、メールマガジンのバックナンバーを
見ているだけと思われます。

【会員番号:S-0001-1】

当初、入会金、年会費(月会費)、実際の作業料を徴収して
いましたが、最近は入会金と年会費をなくしたので、だいぶ
価格的にも入りやすくなっていると思われます。

ただ、ポイント制を採用し、費用が前払いとなるので、
それがネックとなって余り入会してもらっていないのかも
しれません。

価格は1分単位でいくらというような形で設定しているので、
明瞭ですが、逆に高いというような印象を与えているのかも
しれません。

月額でいくら使ってもいいというようなサービスにした方が
入ってもらいやすいのかもしれません。

学生を対象としている場合は、毎月3000円くらいの支払を
期待していましたが、なかなか事故投資に充てるお金を
捻出するのが難しいようです。

インターネットでブロードバンドが普及してきたので、
音声を録音するというのはだいぶやりやすくなってきて
いますが、まだまだパソコンにマイクをつけて自分の
音声を録音してそのファイルをやり取りするというような
作業は一般化していないのが現状です。

【会員番号:S-0001-1】

最近、電子辞書に音声機能が付与されてきているので、
英文を読む作業は他の製品で代替される場合も
ありますが、基本的にはカスタムメードの原文を
ネイティブが読むことになるので、代替される
のは難しいと思われます。

【会員番号:S-0001-1】

旅行社との連携をすれば、短期出張者・旅行者のフォロー
もできると思われますが、まだ実現していません。

海外への旅行関係の本も出ていますが、CD等が付いて
いない本も多く、(付けると割高となる)それらの
音読を引き受けることで収入増も期待できますが、
まだ実現できていません。

【会員番号:S-0001-1】

ネイティブ・スピーカーと翻訳家は世界中から集めていますので、
人数の多い言語では時差のない体制を構築できます。

ただ、翻訳ではチェックができるのが英語のみで、その他の言語
については、個々の翻訳家の技量を信じるしかないのが現状です。

年間契約を行っていますが、一部の契約者は期限が過ぎている
人もいますので、再度契約を更新する必要があります。

全言語同一価格としているので、外部契約者の間では、料金の
差別はありませんが、場合によっては中国語等は他の会社と
比べて割高となっている可能性もあります。

実際にオーダーが来ないと、支払も発生しないため、この
外部作業者との契約システムはうまく機能していると思われます。

ただ、拘束力がないので、急を要する注文が入った場合には
対応ができない場合もあります。

【会員番号:S-0001-1】

広告は、費用のかからない下記の2つの方法のみです。

1)会員が4000名いるメールマガジン(まぐまぐ、
  メルマガ天国、Melma,E-マガジン)

2)自社のホームページや80余りのブログでのリンク

このようなサービスがあることを認知させるための
広告活動は特に行っておりません。

弱みとすると、宣伝広告費があまりかけれないので、
認知されていない可能性が高いです。

【会員番号:S-0001-1】

提供方法は、インターネット経由のみです。
http://www.e-e-learning.com


会員が8万人いる大阪・和歌山地区の大学生協の
指定eラーニングに選んでもらっています。

【会員番号:S-0001-1】

EElearningは、インターネット上で語学の発音をネイティブ並みに
行えるようにするサービスです。

基本的に、翻訳者が日本語から外国語に文章を変換する作業を行い、
ネイティブスピーカーが会員の発音を聞いて添削したり、正しく
読み直したりといった作業を行います。

目下、取り扱い言語は、英語、ドイツ語、イタリア語、フランス語、
スペイン語、中国語、韓国語、 インドネシア語、ベトナム語、
セルビア語、ポーランド語、ロシア語の12カ国語です。

投稿の仕方

このサイトを見て頂き、番号順に内容をeメールでご連絡下さい。

会員番号を記載し、それぞれ該当する項目をUploadしていきます。

会員の方やコンサルタントの先生は、コメント欄にいろんな
メッセージを書き込むことができます。

posted by Mark at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | このサイトについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サイトの趣旨

このサイトは、グローバル・シーが運営している有料サイトです。

●サイトの趣旨
このサイトは、起業を目指す人(既に起業を行っている人も含む)が
自分の事業(新規事業)のSWOT分析を行い、同じ志を持つ会員や
コンサルタントの方に見てもらって、より良いビジネスプランを
作成することにあります。

●このサイトの利点
自分のビジネスプランについてのアドバイスを受けれると共に、
他の人の事業のSWOT分析も見ることができます。

●ご利用方法

まず、購入.comの会員登録して頂き、入会金(年会費)と依頼料を
支払って頂きますと、パスワードを配布いたします。

入会金(初年度年会費)は2100円、相談料は1件につき5250円

会員サイトを見て頂き、該当する項目について、Eメールで下記の
アドレスにご連絡頂きますようお願い致します。

会員サイト内に、自社のSWOT分析をご記入頂きますと、会員の方から
コメントがあると共に、関西では著名な内池先生の監修を受けることが
できます。

●コメントの書き込みについて

会員の方はどしどし書き込みして下さいね。

また、特定個人、団体、企業への誹謗中傷その他第三者への権利
侵害の恐れがあると当方が判断した文章、ならびに商品等に対する
クレームは削除します。

コメントの書き込みに際しては、ある程度責任を持って頂くために、
名前(ニックネーム可)、メールアドレスも必須にしています。


●注意事項
・本サイトにおける画像、写真、文章等につき、私的利用目的以外
での無断複製・改変・公衆送信等、その他著作権を侵害する一切の
行為を禁じます。

・本サイトのサイト構成、URLデータの構成、配置等について発生
している編集著作権を侵害する一切の行為を禁じます。

・本サイトに書かれていることは、それぞれの会員の方の守秘
情報ですので、このサイト内にある情報を私的に利用することは
禁じています。

・このサイトの閲覧、または情報により生じた物的、精神的
その他の損害に関して当方では一切責任を負いませんので、
ご了承ください。

・本サイト内の情報に関しては正確を期するように努めて参り
ますが、万が一、不正確な情報などにより皆様に損害、損失等が
生じましても当方では一切責任を負いかねますのでご了承ください。

また、本サイトへのアクセスにより生じた損害、損失、ならびに
コンピュータのウィルス感染、機器の破損等につきましても一切
責任を負いかねますのでご了承ください。

・皆様からメールやコメントやトラックバックでお寄せ頂いた
情報、文章はグローバル・シーが無償で使用することができる
ものと致します。また、 便宜上、文章の改変、部分的削除を
行うことがございます。

・メール、情報、文章を送られる際には以上の点につき同意を
なされたとみなしますのでご了承ください。

また、特定個人、団体、企業への誹謗中傷その他第三者への
権利侵害の恐れがあると当方が判断した文章、ならびに商品等
に対するクレームは 掲載致しませんのでご注意ください。

・本サイト上で説明されている情報の誤り、一般消費者に
対する誤解等を招く恐れなどがございましたら、お手数
ですがご連絡頂けますようお願い申し上げます。

・その他、個人情報の取扱等はグローバル・シーのプライバシ
ーポリシー
に準拠することを、ご了承下さい。

2006年12月15日
グローバル・シー有限会社
URL: http://www.global-c.biz
e-mail: seesaa@global-c.biz
posted by Mark at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | このサイトについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気商品

Seesaaショッピング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。