header_logo.GIF

グローバル・シーは各種コンサルティングで事業発展のお手伝を行っています


お問い合わせは こちら 秘密は厳守します。

新着記事

2008年10月22日

【会員番号:S-0002-1】

弱みとしては、企業規模が小さいので、日本の大手企業には
導入されることが難しい可能性があります。(単に企業規模や
サポートする人数で、大手企業の採用基準を下回る可能性が
あります。)

日本では、コネが重要ですが、そのコネが十分ではなく、
通常の企業活動だけでは、該当部署にたどり着けない可能性が
あります。

技術的に現在ある日本の製品と同等である可能性もあり、
価格的にも現在ある製品より高い可能性があります。

現状のストラクチャーでは2年で事業化を行う予定ですが、
2年以内で採用に至らない可能性があります。その場合、
資金繰り等の制約条件を見直す必要があります。


【会員番号:S-0002-1】

強みとしては、親会社がこの業界で17年営業販売開発を行って
来ているという実績があり、いろんなノウハウがあると思われます。

また、欧州で競合先に勝ってシステムが導入されていますので、
それらの実績も評価できます。

また、欧州で大手企業に採用されている実績がある点は、強みと
考えられます。

親会社が日本市場を重要と捉え、社長自らが積極的にサポート
してくれている点は強みと言えます。必要なサポートについては、
ここの担当者ではなく、親会社の社長に直接言うことによって、
迅速な対応が得られます。



【会員番号:S-0002-1】

弱みとしては、まだ日本での実績がないところでしょう。

また、日本ではどのような企業が参入をしており、世界レベルで
どれくらいであるかという市場認識がないので、それらの調査を
進めるべきでしょう。

弱みとしては、資金的なサポートがどれくらい得られるかが明確と
なっていないので、現在の資金繰りの枠での活動では、人的資源の
投入に制約があるので、やらないといけないことをスピードを
早めて行うことができません。人海戦術で、多くの営業マンが
顧客回りをすれば、すぐに採用となるようなものでもありませんが。

弱みとしては、人的資源が少ないことが上げられるでしょう。

また、分野的に社内で計装関係のノウハウを持っていないので、
それらを外部に頼らなければなりません。

【会員番号:S-0002-1】

G8で2025年までにCO2を半減しようという環境がらみの
大きな流れがあり、CO2削減の機運は大きな機会となるでしょう。

また、石油価格や原材料価格が高騰しており、エネルギーを
削減しようとする動きは企業経営上必要不可欠となっています。

システムを自動化するのは、人件費削減や効率アップにつながり、
人口減少化の日本においては必要不可欠の対応ではないでしょうか?

現在、日本社会で「見える化」「可視化」の動きがあり、実際の
流れを可視化できるソリューションは時流に乗っているとも言えます。

また、技術・ノウハウを持った高齢者世代がリタイアを始めています
ので、企業のノウハウを標準化するという意味で、業務の標準化を
はかれるソフトの需要は高まるでしょう。

この商品は多言語に対応し、日本市場が難しくても東南アジアに
進出している日系企業で採用してもらえる可能性があります。
人気商品

Seesaaショッピング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。